2017年12月16日土曜日

残り柿

降雪に縁どられて幹の形が浮かび上がり、少なくなった残り柿の赤が彩を添えてい
ます。今年の冬は厳しそうです。

ニコンD810 24-120mm f8 オート ISO800


2017年12月15日金曜日

残り柿

お馴染みの御机の残り柿です。今年、屋根の茅が新しくなって、屋根だけが目立って
風景に馴染まなくなっていました。

ニコンD810 24-120mm f8 オート ISO800

2017年12月14日木曜日

南天

南天が冷たい雨に濡れています。いつもなら鳥がやって来て無くなってしまうのですが、
今年は山に餌が豊富なのでしょう、あまり鳥を見かけません。

ニコンD810 24-120mm f4 オート ISO200

2017年12月13日水曜日

道2

雨に光る道が森に消えています。道の脇の木立にはまだ赤い葉が残っています。
空にかかる雲は何やら不気味です。

ニコンD810 24-120mm f8 オート ISO800

2017年12月12日火曜日

朝日山に鎮座していた仏様です。手の形からどうも薬師さまのようです。
右手が施無畏印で安心感を与えるもので、左手は与願印の上に薬壺を乗せ
ています。病気平癒の願いを叶える仏様です。それにしてはちょっと怖い。

ニコンD810 24-120mm f5.6 オート ISO800

2017年12月11日月曜日

谷間の暮らし

周囲を山に囲まれてわずかに南側だけ開けた谷間に、寄り添うように家屋が数件在り
ます。代々この地に暮らしてこられたのでしょう。

ニコンD810 24-120mm f11 オート ISO800

2017年12月10日日曜日

去る秋を惜しむかのように、浮いた枯葉の奥で仏が静かに鎮座しています。
蜘蛛の巣のいたずらです。

ニコンD810 24-120mm f4 オート ISO200